保険初心者のためのがん保険解説〜これだけは知っておきたい〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

高度先進医療について

現在は医療の技術が高度化してきています。
むかしだと治療できなかったような悪いがんでも最近では手術によって治る可能性が高くなっているようです。
患者の人にとってはうれしいことです。
がん治療のなかでも特別に高度な治療のことを高度先進医療といいます。
高度先進医療はがん治療の方法のなかでも最先端の治療方法です。
今まで治すことができなかったがんに対しても治療方法を見つけることができるのです。
とても画期的なことだと思います。
高度先進医療は患者にとってありがたいものなのですが欠点もあります。
高度先進医療の欠点は健康保険が適用されない点です。
ふつうのがん治療でしたら健康保険の適用がききますので医療費は3割負担で大丈夫です。
また高額医療費の助成制度がありますので毎月の負担は8万円から10万円を超えることはないでしょう。
しかし高度先進医療の医療費には負担の限度額がありません。
患者にとっては大変大きな金銭的な負担がかかります。
調査では高度先進医療にかかる平均の費用は200万円から300万円程度だそうです。
気軽に支払えるような金額ではありません。
だからといって命が助かる可能性を捨てて高度先進医療を拒否するわけにもいかないでしょう。
そのためがん保険に加入する場合には高度先進医療給付の特約をつけましょう。
この特約をつけると高度先進医療の医療費に対して保険金が給付されます。
安心して高額な医療を受けることができるのですね。
Copyright (C)2017保険初心者のためのがん保険解説〜これだけは知っておきたい〜.All rights reserved.