保険初心者のためのがん保険解説〜これだけは知っておきたい〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人こそがん保険に加入しよう

保険は年をとってから加入すればよいと思っている人はいませんか。
わたしも若い頃は保険に加入しなくてもよいと考えていました。
少し年をとってから保険に加入しました。
しかし若い人こそ早いうちからがん保険に加入する必要があります。
がんにかかると手術や入院のために大きな費用や負担が必要です。
保険会社の調査ではがんの手術や治療にかかる平均の費用は110万円程度です。
手術費用や入院費用に加えて生活費などを足すと150万円くらいの出費になります。
150万円は大きな費用です。
なかなか気軽に支払うことのできる金額ではないと思います。
ある程度の年齢になると150万円くらいの貯金ができるかもしれません。
ただ若い人には大きな金額を貯めておくことが難しいと思います。
最近では経済状況がなかなか厳しい状態ですので収入が少ない若者が多いでしょう。
そのため若い人が万が一がんにかかってしまうと出費が大変です。
若い人こそもしも出費に備えてがん保険に加入しておくとよいと思います。
そしてがんは高齢になってからかかる病気ではありません。
比較的若いうちからかかる病気ががんなのです。
病院の団体の調査では最近の20年間でがんにはじめてかかる年齢の平均が5歳程度下がっているそうです。
この20年でがんにかかる年齢が若くなっていることをあらわしている数字です。
若い人にとってもがんは身近な病気であるといえますね。
そのため若者こそがん保険に加入する必要があると思います。
Copyright (C)2017保険初心者のためのがん保険解説〜これだけは知っておきたい〜.All rights reserved.