保険初心者のためのがん保険解説〜これだけは知っておきたい〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険ではがんに対応できない

みなさんはどのような保険に加入していますか。
保険に加入している人の多くが生命保険や医療保険などに加入していると思います。
社会人になったらほとんどの人が何らかの保険に加入します。
現在の日本では生命保険に加入している人の割合が高い数字になっているそうです。
わたし自身も生命保険に加入していますし、まわりの友人や知り合いも生命保険に加入しています。
40代を超えると病気にかかる機会も多くなりますし生命保険に加入する重要性が高くなるといえます。
最近の日本人の死因の一位はがんです。
生活習慣が欧米化しているのでがんにかかる日本人が増えています。
かつては魚や野菜などをメインにしている食事でしたが最近では肉食やファストフードなどの食事が一般的になりました。
食事が西洋化した影響によって日本人のがんの割合が高くなっているようです。
多くの人はふつうの生命保険に加入しています。
だから生命保険に入っていれば万が一がんにかかっても安心だと考えている人がいるかもしれません。
しかし生命保険だけではがんには対応できません。
生命保険で保障される場合は不幸にも亡くなってしまった場合だけです。
最近は医療のレベルが上がっていますのでがんにかかっても亡くなる割合は下がっています。
がんは必ず死んでしまう病気ではありません。
だからがんには手術が必要になります。
手術費用がかかりますので生命保険では対応できないのです。
がんの手術に対応できるがん保険が必要なのです。
Copyright (C)2017保険初心者のためのがん保険解説〜これだけは知っておきたい〜.All rights reserved.